お歳暮 時期

お歳暮を贈る時期っていつ?

お歳暮の時期はいつからいつまで?ギフトのおすすめランキング
お歳暮は「今年1年お世話になりました」という感謝の気持ちを込めて贈り物をする行事です。

 

お歳暮を送る時期は、12月初めから12月20日ごろです。ですからお歳暮の準備は11月下旬ごろから始めましょう。

 

12月10日から12月20日の間に届くように手配しておけば大丈夫です。

 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

定休日( 土曜日の定休日はam10:00?pm5:00の電話受付のみ対応しております。)

 

贈る時期は年々早まっており、12月上旬に届くのも一般的になりつつあります。早い人では11月下旬に贈る人もいます。

 

もしも時期を逃してしまったらのし紙を「御年賀」として正月に贈りましょう。

 

お歳暮は、日本古来の御魂祭りが起源となっていて、それは一年間お世話になった先祖や神様へのお供え物が贈られたのが始まりです。

 

これを歳暮回りと呼んでいましたが、その贈り物をお歳暮と呼ぶようになりお世話になった方々への感謝の気持ちの物として現在に伝わっているのです。

 

一昔前は上司や仲人さんに贈るのが通例でしたが、近年では友人や家族で贈り合うように変化してきています。

 

また、それまでは上司や仲人さんのお宅に直接挨拶に出向き贈り物を渡していましたが、現代は宅急便を使用して送るという形がほとんどになりました。

 

このお歳暮は今は種類もとても豊富になり贈られる方は何が届くか楽しみでもあり、贈る方もそれを選ぶ楽しさがあります。

 

その年の流行りの商品、逆に定番な商品など核デパートでは趣向を凝らしたお歳暮を用意して11月くらいからデパートのお歳暮売り場は賑わいを見せます。

 

その、お歳暮の贈る時期ですが、昔は信念を迎える準備を12月13日から始める習慣があったことから、お歳暮もその日から20日くらいまでに届くように送られていましたが、現在では12月初旬から送り始めるという形も多くなっています。

 

必ずこの日からこの日までという形はありませんが、12月下旬、特に25日以降は新年への準備が本格化しどの家も忙しくなり迷惑になりかねないので、それまでには届くように手配するのが配慮としてあります。

 

ただし生鮮食品につてはお正月の料理として食べてもらう意味もあるので、なるべくお正月近くに届くようにするのも良いとさえています。

 

お歳暮は感謝と愛を込めた贈り物です。

 

相手の喜ぶ顔を思い浮かべながらその方が好きなもの、必要なものを贈ることが良いです。

 

日本の細やかな心のつながりがこうした贈り物に込められているという日本の良さがあらわれている風習であるのです。

 

どんなものを送ればいいの?

お歳暮でよく贈られる物ベスト10を紹介します。手軽に消費できる食品が多いです。お歳暮選びの参考にして下さい。

 

順位 品物 販売サイト1 販売サイト2 販売サイト3
1位 ビール 楽天市場 三越 高島屋
2位 コーヒー 楽天市場 三越 高島屋
3位 ハム・ソーセージ 楽天市場 三越 高島屋
4位 生鮮品や地元の名産物 楽天市場 三越 高島屋
5位 調味料・食用油 楽天市場 三越 高島屋
6位 洗剤 楽天市場 三越 高島屋
7位 ジュース 楽天市場 三越 高島屋
8位 お菓子(洋菓子・和菓子) 楽天市場 三越 高島屋
9位 のり・乾物 楽天市場 三越 高島屋
10位 日本茶 楽天市場 三越 高島屋

 

これら以外に相手の好物を贈るのも良い方法です。自分の好きな物をもらえれば一層嬉しいですよね。

 

その他にもらって嬉しい物に「商品券(デパートのギフト券やビール券)」があります。自分の好きなものに換えられる便利な点が支持されています。

 

金額の相場は?

お歳暮の相場ですが、どういった人に贈るのかということと、どういった中身を贈るのかでおおよその金額は決まってきます。

 

一般的なお歳暮の相場は3000円から5000円程度です。

 

基本的にはいつもお世話になっている方に対しての感謝の気持ちを添えるものなので、両親や兄弟姉妹、仲人、お世話になった先生などに贈る場合が考えられます。

 

毎年贈ることを想定しているので、これ以上高い金額でお歳暮を贈ると次年度の贈り物やその額を悩まなければなりません。

 

自分だけでなく、相手も考えないといけないので負担になってしまいます。

 

ただ、特別にお世話になった方や、立場がかなり上の方に送るお歳暮の相場はこの額の倍の金額が相場になります。

 

理由としては、毎年贈ることを想定しておらず、また、相手からのお返しを期待していない場合が考えられます。

 

相手からのお返しを想定しなければ、相手も高い金額の推せぼ返しをどうしようか悩まずに済むからです。

 

対象者は会社の社長や専務クラスの重鎮で自分がお世話になった方などです。

 

相手もたくさんの人からお歳暮をもらうので、そこで少しでも自分の思いを伝えるためには値段で差をつける必要があります。

 

贈るものにも一定の相場があります。

 

一般的なものとしては保存のきくハムやソーセージなどの加工品をお歳暮として渡すケースが多いです。

 

この場合は、ある程度相手も商品の値段を分かっているので一般的な商品より1000円ほど高めのものを選ぶと喜ばれます。

 

最近はやっている商品券は、相手が好きなものを買えるようにの配慮を踏まえてですが、なるべく高めに設定しないと、買える範囲を自ら狭めることになるので、商品券単独をお歳暮として贈る場合は、気を付けなければなりません。

 

私の場合は、仕事で3〜4年お世話になった方に対して毎年贈っているお歳暮は、5000円程度の商品券と、ビールの詰め合わせで合計10000円ほどになるようにして贈っています。

 

ビールも飲めて、自分で好きなものを買えるとして毎年高評価を頂いています。

 

お歳暮の選び方

お歳暮は、仕事関係の人や普段お世話になっている人などに贈るものです。

 

お歳暮の選び方として、値段が高すぎず安すぎないことがポイントです。

 

お返しのことも考えて5000円程度までのものを贈ることが相場になっています。

 

 

お歳暮を選ぶ時のポイントとして、万人が使えるものを選ぶことが最適です。

 

もちろん相手のことを良く知っていて、好きなものを熟知しているような場合であればその人の好きなものを選ぶと良いでしょう。

 

 

ですが仕事などの関係者に贈る場合には、その人の好みが分からないことも多くなります。

 

また家族で利用する場合もありますので、好き嫌いが分かれないようなものにしておくことが無難です。

 

食品などを贈る場合には変わったものは避けておきましょう。

 

 

またその人が受け取りできるかどうかも分からないケースがあります。

 

不在が続くことも考慮して、生ものなどは避けておくことがベターです。

 

事前に確認を取っておけば問題はありませんので、日持ちのしない食品などを贈る場合には相手側に了承を得ておきましょう。

 

 

もちろん、相手の家族構成や状況などを考えてお歳暮を決めることも重要です。

 

家族が少ない家に多くの食品を贈っても食べきれずに残ってしまうことも考えられます。

 

一人暮らしなどの場合には、賞味期限の長いものを贈ったり、少量で役立つものを選ぶことも考えておきましょう。

 

 

また、自分が食べて美味しかったものなどを選ぶのも良い方法です。

 

食品の場合には誰でも喜びそうな商品にすることも大切です。

 

 

お歳暮ではハムやソーセージなどの加工肉や、すき焼きと鍋の材料など冬場に利用しやすい食品も人気が高くなっています。

 

その他、お菓子なども比較的一般的なお歳暮になります。

 

 

どうしても選べない場合は、カタログギフトを贈ることで好きな商品を相手が選べるようになります。

 

最近では早期割引サービスなどもいろいろな店舗で行われていますので、早めに予約することで予算を抑えることも可能です。

 

お歳暮の意味

年末になるとお歳暮を色んな方にもらったり、贈ったりするものですが、お歳暮を具体的に贈る方は親戚関係、両親、兄弟、知人友人、会社の上司、会社の取引先、子供の先生などお世話になった方達に贈る品物です。

 

 

お歳暮を贈る理由は、お世話になった方への感謝の印ですが、本来の意味や由来は違うところにあります。

 

 

本来の意味は、お正月に神様を迎え福を呼ぶためにお供えするためのものです。

 

現在はお世話になった人へ贈っていますが、本来は神様をお迎えして福を呼ぶためのお供えなので、人と神様だけの違いのみではなく、以前にお世話になった人とこれから世話になりたい神様や幸福のための過去と未来の違いもあります。

 

 

その内容も年越しの御霊祭りで、塩鮭、スルメ、数の子、塩ぶり、魚介類の干物などを先祖の霊に備えた名残りで、こうした供物を嫁いだ娘や分家の物が本家に持ち寄った事にあります。

 

 

お歳暮はそもそも年の暮れ年末を意味する言葉なので、年明けの神様を迎えるために年末(歳暮)に準備をしてお供えする事に繋がります。

 

そして実家に帰省できない方や遠方の親戚が、本家に神様へのお供え物として品物を送るという事が現代のお世話になった方へ品物を贈ると言う形に変化していきました。

 

私の実家も本家に当たるので、年末には親戚中から大量のお歳暮が毎年届いてきます。

 

また、地方によっては年末に贈らず年始の挨拶として贈る所もあります。

 

 

その贈るのに適した時期と言うのは、正式には12月13日〜12月20日頃になります。

 

これは、神様へのお供え物する場所として、仏壇や家自体を大掃除で綺麗になった頃に贈るからです。

 

その時期がすす払い12月13日にあるからです。

 

 

但し、最近では贈る時期が早まっており、12月に入り早々にお歳暮を贈る事も珍しくはありません。

 

お歳暮の相場としては3000〜5000円が主流となっており、私は友人などに対しては毎年3000円と決めて贈る様にしています。

 

 

 

 

 

【必見】おすすめのお歳暮は?

ひと昔前は相手の家まで持参していましたが、最近はデパートから直接届けるのが主流です。

 

さらにここ数年はデパートに行かず、デパートの通販サイトでお歳暮の注文をする人も多いです。通販サイトを利用するメリットとしてはつぎのものがあります。

  • わざわざ混んでいるお店に足を運ぶ必要がない
  • 複数の通販サイトからいろいろ選べる
  • 値段別や種類別に分けられており選びやすい
  • 定番商品から珍しい商品まで品揃えが豊富
  • 送料無料や割引などの特典がある

お歳暮はどのデパートも力を入れて販売しています。代表的な通販サイトを紹介するので参考にして下さい。

 

お歳暮Q&A

お歳暮をもらったらお返しすべき?

お歳暮は日頃の感謝を表すものなのでお返しは必要ありません。お礼のメールや電話をしたり、お礼状を出すようにしましょう。

 

相手が喪中の時はどうすればいいの?

お歳暮はお祝いではないので喪中を気にする必要はありません。

 

今まで贈っていたお歳暮を今年はやめたい

これまで贈っていたのをやめるのは勇気がいりますがスッパリやめましょう。今後、お歳暮を贈るのは末永くお付きあう人だけに限るようにしましょう。

 

毎年同じものを贈ってもいいの?

相手が喜ぶものを贈っているのなら毎年同じものでも限りません。例えばビールが好きな人なら毎年ビールをもらっても迷惑に思いませんよね。

 

お中元とお歳暮は両方贈るべき?

別に決まりはありません。両方贈るのが負担なら1年の感謝の気持ちとして贈られるお歳暮を贈るのが良いでしょう。