お歳暮 実家

実家へのお歳暮の送り方

実家へのお歳暮の送り方ですが、普段なかなか会えないので感謝を伝えるという意味合いのお歳暮として送る場合と、毎年恒例で送る場合とで分かれます。

 

毎年恒例で送る場合は、あらかじめ相手に何が欲しいか聞く必要があります。

 

人によると聞くのは野暮とする人がいますが、昔と比べて親との関係がそれほど遠くない現代社会にとって、むしろ要らないものを送られる方が失礼に当たります。

 

もったいないことが無いように事前に調査しておくということです。

 

頻繁に会うのであれば、3000円程度のお歳暮なら、相手も気軽に受け取ることが出来ます。

 

返事は電話一本残してくれればいいとすれば、相手もさほど心配なことは無いでしょう。

 

一方で普段なかなか会えない場合は、実家と言えども丁寧なものを送る必要があります。

 

これは、普段親しい人ならなおさら礼儀を重んじなければならないからです。

 

この場合は、10000円程度の高めのお歳暮を贈ります。

 

相手に何が欲しいか聞いてはこの場合は野暮に当たるので、聴くのはやめましょう。

 

独力でほしいものをリサーチするか、手っ取り早いのは、カタログギフトです。

 

商品券だと、箱のスペースを持て余し、もらった方としてもお歳暮としての実感が乏しく見えてしまうので、それと別の商品との抱き合わせも考えないといけません。

 

カタログギフトならそこに載っているものであれば、好きなものを買えるので多くの人に喜ばれるお歳暮として最近人気が向上しています。

 

私の場合は、中々合えないので、10000円に近い金額でお歳暮を毎年送っています。

 

最初はビールでしたが、年を重ねるたびに飲む量が減ってきたので、たまに実家に帰っても残っているのをしばしば目にしました。

 

そこでカタログギフトに替えた所、大喜びで届いたその日のうちに電話がかかってくるくらいでした。

 

それからは毎年カタログギフトをお歳暮として送っています。

 

内容が年によって違うのでそこもお勧めです。