お歳暮 マナー

お歳暮のマナー

お歳暮はマナーを守って贈ることが大切です。

 

日頃の感謝の気持ちと今後の挨拶を兼ねて贈るものですが、礼節を欠いてしまうと逆効果になりかねません。

 

実はお歳暮には気を付けるべきポイントが多数存在します。

 

その多くがマナーに関するものなのです。

 

しっかり把握して失礼のない渡し方を心がけましょう。

 

 

お歳暮を渡す方法は複数存在します。

 

最も良いのは持参して直接渡す方法です。

 

感謝や挨拶を言葉として伝えながら渡すと誠意が伝わりやすいでしょう。

 

しかし実際には、直接渡せないことの方が多いです。

 

購入した店舗から郵送するケースがよく見られます。

 

その際、マナーとして重要なのは送り状を送付することです。

 

間違える人が多いですが、お歳暮に添付してはいけません。

 

お歳暮より先に相手に届くようにするのが基本です。

 

そこには感謝や挨拶を記載して、お歳暮がもうすぐ届くことも書いておきましょう。

 

 

また贈るタイミングにも気を付けなければなりません。

 

12月以外には贈らないように注意が必要です。

 

たとえば関東地方は12月25日ごろまでに贈るのが一般的です。

 

ただし近年になり、11月下旬に贈る人も増えています。

 

いつ贈る場合でも、できるだけ事前に相手が喪中でないことを確認した方が良いです。

 

 

お歳暮の金額についてもマナーがあります。

 

安すぎても失礼ですし、高価すぎても気を使わせてしまいます。

 

大切なのは相手との関係によって金額を調整することです。

 

特にお世話になった相手には1万円以上のものを贈っても構いませんが、それ以外の場合は5千円ほどに留めておいた方が良いでしょう。

 

それほど親睦のない知人の場合は、3千円程度でも構いません。

 

ただし地域によって相場に差があるので、親などに話を聞いておくのが得策です。

 

 

金額だけでなく、品の種類の選び方も要注意です。

 

贈るとマナー違反になる品があります。

 

たとえば現金や商品券を贈るは失礼にあたります。

 

刃物も関係の断絶をイメージしやすいので避けましょう。