喪中 お歳暮

喪中の時のお歳暮の対応

いつもお世話になっていて、毎年お歳暮を欠かさない方の奥様がお亡くなりになった・・・。

 

 

今年はお歳暮を贈るのは、遠慮すべきだろうか?

 

または、父が亡くなって喪中だけど、毎年贈っていただくあの方のお歳暮は、こちらからお断りすべきなのだろうか?

 

年の瀬になり、なにかと悩む方もいらっしゃるかと思いますが、正解は、贈っても受け取っても、基本的には差し支えありません。

 

 

 

そもそも、お歳暮は日頃お世話になっている方への「お礼」であり、「お祝い」ではありませんので、先方が喪中のときでも贈っても差し支えはないのです。

 

 

贈る場合は、紅白の水引はかけず、城無地の奉書紙(真っ白な紙)、もしくは無地の短冊を掛けて、表書きを「お歳暮」とします。

 

 

受け取る場合にも、先方の感謝の気持ちを素直に受け取って何ら問題はありません。

 

デパートなどで手配する場合に、喪中であることを伝えれば、贈る際に先方に不愉快な思いを与えないよう、注意して対応してくれます。

 

 

 

不幸にあったばかりで、四十九日も明けていない場合には、お贈りするのは忌明け後にしましょう。

 

忌明けを待つとお歳暮の時期を逃してしまう場合には松の内の間(一般的には1月7日。

 

地域によっては1月15日)が明けてから、2月3日の立春までの間に、「寒中御伺」としてお贈りします。

 

 

 

ご自分(贈り主)が喪中の場合には、先方に不幸があったわけではありませんので、普段通りお歳暮を贈っても差し支えありません。

 

ただ、相手先によっては、死を「穢れ」と考え、喪中の人(「穢れ」のある人)からの贈り物を気にする場合もあります。

 

やはり四十九日を過ぎてから水引を掛けずにお贈りするのが無難と言えます。

 

 

 

また、故人宛にお歳暮が届いてしまった場合は、品は受け取り、亡くなった事をお礼文に添えて相手に伝えるようにします。

 

 

葬儀に出席していただいたり、既に亡くなっていることを知っていたとしても、きちんとお礼文を添えて、送るようにします。