お歳暮 誰に送るのか

お歳暮は誰に送るのか

結婚をするなどして独立して暮らすようになった時は、周りの人に対して今までとは違う対応をする事になりやすいです。

 

 

そういうことの一つがお歳暮を贈ることで、お歳暮を誰に送るのか悩むことがあります。

 

 

この習慣は本来親族の間だけでやり取りをしていたものでしたが、それが明治の頃に会社や親しい人にも贈るようになりました。

 

 

現在はそれほどは頻繁に贈らなくなっていますが、それでもこの習慣が続いていることは多いので注意がいります。

 

 

お歳暮を誰に贈るのがよいのかというと、一般的には自分の親に対して送ることがあります。

 

 

それは自身の親とパートナーの親を含むので、そういう相手に対して送る方は少なくないです。

 

 

私自身もお歳暮は自分の親と何人かの親戚に送っていますけど、そういう親族関係に送ることはよくあります。

 

 

それ以外では会社の上司にお歳暮を贈ることがありますが、このようなことは大きな企業ではあまりしません。

 

 

どちらかというと中小企業でよく行われる習慣なので、そういうところに勤めている時は対応がいる場合があります。

 

 

大企業の場合は規則で禁止をしていることもありますから、相手に送ってよいのか確認をすることが大事です。

 

 

また子供が世話になっている塾の先生や、幼稚園の先生などにお歳暮を贈ることもあります。

 

 

公的な学校の先生に送るのは規制があるので難しいですが、私的な学校や幼稚園の場合は送れることも多いです。

 

 

お歳暮を贈る時は自分の親や親しい親族に対してすることが多く、そういう相手に対しては普通に行われます。

 

 

それ以外の会社の関係者は小さい企業の場合はありますけど、大企業ではそのようなことはあまり行われません。

 

 

子供の学んでいる学校の先生などに対して送ることもありますが、公的な学校の場合は受け取れない事もあるので注意がいります。

 

 

お歳暮送ることができる相手は色々ありますけど相手側が断ることもあるので、何らかの形で確認をしてから送ったほうがいいです。