お歳暮 取引先

取引先へのお歳暮の送り方

取引先へのお歳暮の送り方ですが、相場と言われる3000〜5000円程度よりも少し高めの金額で送った方が良いです。

 

理由としてはお返しを期待するしないにかかわらず、単なるお歳暮とは違い、会社がどれだけお世話になっているのかを表す指標が金額として現れるからです。

 

このため5000〜7000円程度の商品を贈るのが前提となります。

 

もちろん、黙って送るわけにもいかないので、会社のベテラン社員の人にこっそり教えて貰う必要があります。

 

まず、送る時期です。

 

変な時期に送ると、多くの取引先からお歳暮を受け取る会社の場合、それが粗相として目立ってしまいます。

 

しきたりが理解できない会社として逆効果になってしまう事もあるので、あらかじめ注意する点を聞いておくと間違いが起こり難いです。

 

会社によっては金額が決められている場合があるので、細かく聞いておくと失敗が防げます。

 

送るものもその時に一緒に聞いておくといいでしょう。

 

決まっていればそれを送ればいいのですが、決まっていない場合は、過去違う会社からもらったお歳暮が何であるか聞きましょう。

 

どうしても教えてくれなければ自分たちで判断するしかないですが、これまで他の会社に贈ったものであればよほど相手の機嫌を悪くすることは無いです。

 

昨今カタログギフトや商品券などをお歳暮として送ると喜ばれるというトレンドがありますが、それに流されず、これまで通りのお歳暮を貫き通しましょう。

 

取引先の場合伝統を重んじることが多いので、もてあますことになってしまいます。

 

私は長年今の職場でお歳暮係を担当していたので、リサーチして分からなければ、ビールやハムなどといった一般的なお歳暮として考えられるものを送っていましたが、近年はビール券でいいという取引先からの意向を受けて、よりかさばらず、スペースを取らないビール券を中心に送るように努めています。

 

相手にこちらの気持ちが届けばいいので、商品に拘りません。